なれたらなれたら

2022年7月29日(金)
劇場上映決定!
詳細は上映情報へ

上映情報

  • 上映劇場
    大阪・十三シアターセブン
    上映期間
    2022年7月29日(金)~31日(日)
    上映時間
    全日19:00 開演
    (20:30 頃終演予定)
    内容
    映画「なれたら」上映+特別上映記念イベント開催=90分予定

    チケット

    先行販売
    2022年5月12日(木)
    奈良ネバーランド
    販売所
    Split endライブ物販
    (5/12以降のライブから物販で販売)
    一般発売
    2022年6月29日(水)
    販売所
    シアターセブン(劇場窓口・オンライン)、
    Split endライブ物販
    前売
    一般 2,000円 学生 1,800円
    当日
    一般 2,500円 学生 2,300円

あらすじ

「私は何を知っていて、何を知らなかったのだろう。」考えても答えの出ない問いに悩まされる有明優美。彼女は優しくて誰にでも好かれる”いい子”だが、昔から自己主張をするのが苦手だった。
そんな彼女は、ある日友人と飲みに来た居酒屋で、バンドマンの相模良亮と出会い、共通の趣味を通して距離を近づけて行く。
自己主張の少ない優美と、自由で包容力のある良亮は、見事に歯車が噛み合った。
「世界中全部なくなったってあなたの声が聞けたなら、もう何もいらない」と歌う二人は、一見すると誰が見ても幸せそうな恋人同士だが、良亮は優美にある秘密を隠し持っていた。
「私は何を知っていて、何を知らなかったのだろう。」あと一歩を踏み出すことのできないままの優美と良亮。
不器用な二人が正直になれたら、二人ぼっちになれたら。

“生活の中に潜む愛”を大好物とする「Split end」と「松田直也 監督」。
Split end 新作 EP『moratorium』に潜む愛について、オリジナルドラマを脚本化し短編映画を制作。
とある二人の日常生活を通し、未完成で不器用な「愛」の行方を表現している。

クレジット



脚本
小山 拓巳
脚色
ナカシマ ナカジ
演出
ごめん
録音
久野 貴司
録音・PA
yj (yj studio)
照明
山田 桂子
照明
渡辺 敬之
ヘアメイク
岩井 愛美
ヘアメイク
栗田 美咲
スチールカメラ
染谷 かおり
メイキング
稲垣 ルリコ
スチールカメラ・メイキング
冨田 味我
撮影助手
スエヨシ リョウタ
製作助手
小郷 達雄
車両・製作助手
はまたけ
(ぽんこっツ)
車両・製作助手
イオナズン
(Split end Gt)
車両・製作助手
みーちゃん
(Split end Ba)
MA
石橋 健太郎
(株式会社サウンドフォーラム)
題字デザイン・
劇中絵画・
キャラクターデザイン
フクザワ
ナレーション
傳谷 英里香
音楽
Split end
企画・プロデュース
鈴木 隆央
(MOONSHINE Inc.)
  • 主題歌
    「夜半の月」
    Split end
    作詞・作曲:ななみ 編曲:Split end
  • 劇中歌
    「アネモネ」
    Split end
    作詞・作曲:ななみ 編曲:Split end
  • ロケ地
    株式会社キントウン
    下北っ子居酒屋 とりとんくん
    川崎市 東扇島東公園
    リンキーディンクスタジオ下北沢1st
  • 衣装提供
    Spins[スピンズ]
  • 協力
    川崎市港湾局
    菊池 陽介(株式会社レプロエンタテインメント)
    木村 順(下北っ子居酒屋 とりとんくん)
    小嶋 貴之
    久保寺 豊(下北沢ERA)
    Sakumaru(LINEスタンプ)
    Takemori LILO(有限会社ヘッドライン)
    田中 将貴(株式会社レプロエンタテインメント)
    中川 将馬(Spins)
    堀川 信太郎(オリジン東秀株式会社)
    前垣 雄大(株式会社キントウン)
    吉永 弥生(株式会社ミシェルエンターテイメント)
    LINE株式会社
  • 協賛
    赤城乳業株式会社(ガリガリ君・Sof’) (ガリガリ君・Sof’)
    オリジン東秀株式会社(オリジン弁当・キッチンオリジン) (オリジン弁当・キッチンオリジン)
  • 企画・制作・配給
    MOONSHINE Inc.
  • AFF

監督・脚本・編集 /
松田直也 (マツダナオヤ)

  • 南大阪出身。
    天王寺らへん在住。 日々のセンチメンタルと初期衝動で映像製作を行う。

    【松田直也関わった作品】
    ガガガSP「ロックンロール」 監督 撮影 編集
    OKOJO 「アーカイブ」 監督 撮影 編集
    BraveBack「シークレットボーイ」 監督 撮影 編集
    Sono Sheet「シングルアゲイン」監督 撮影 編集
    FATEBOX「キスをした」監督 撮影 編集
    ULTRA CUB「あの娘がセックスしてるなんて俺は絶対信じない」監督 撮影 編集
    メメタァ「デイドリーマー」監督 撮影 編集

相関図

Split endとは


  • (左から)Ba.Cho. みーちゃん、Vo.Gt. ななみ、Gt. イオナズン、Dr 咲音
  • 奈良出身 オルタナティヴ・ロックバンド「Split end」 シューゲイズ漂う分厚いオルタナティヴ・サウンドに乗せ、透明感のある声で、 優しく温かく、愛を歌う。
    映像のイメージを大切に曲を作り上げるSplit endは、「自分達の音楽を、イメージではなく実際に映画にしたい」と思うようになる。
    そんな彼女達のライブ映像を撮りに来た松田直也は、Split endの歌う”愛”に衝撃を受ける。「Split endの音楽で映画を作りたい。」と話す松田直也、その日彼に撮ってもらったライブ映像に込められた”愛”に衝撃を受けるSplit end。そんな両者が愛してやまない”生活の中に潜む愛”について、0から映画を作ることに。